TOP TOP
 
 

メールマガジン

●『ハイグレード開花促進は、いつ使うの?』● 

ハイグレード開花促進0-6-4はいつ使うの?

       ハイグレード 開花促進 450ml



商品名から、「開花促進」だから、つぼみの時に使う肥料?と
思われがちですが、

実は、そのタイミングで使う肥料ではありません。

チッソ成分を含まない肥料ですので、ハイグレード開花促進だけを与え続けても植物は育ちません。


花木類は、花のもとである「花芽」を作る時期(花芽形成期)があります。


この花芽形成期に、チッソ成分を多く与えると、花芽が、葉芽になり、葉が茂り、花が咲かなくなってしまいます。



このタイミングで使用する液体肥料が、


   ハイグレード開花促進0-6-4 なのです。

 6月~8月にかけて使用する頻度が高くなる肥料です。



☆代表的な花木類の花芽分化期を紹介します。

○ 開花する前に花芽を形成する植物

  
 ・サザンカ(6月中旬~7月中旬)
   ・クチナシ(7月中旬~8月中旬)
   ・アジサイ(10月中旬)

○ 開花した後に花芽を形成する植物

   
・ツツジ (6月中旬~7月中旬)
   ・ツバキ (6月中旬~7月中旬)
   ・ウメ   (8月中旬)
   ・ジンチョウゲ(7月中旬) 

○ 菊を開花させるには、「止め肥」というチッソを切る作業が必要です。
   一般的には8月中旬~9月上旬に行います。

○ 草花 
  次々と花を咲かせる草花には、花が咲いている時に、
ハイグレード原液ハイグレード開花促進
    ハイグレード 開花促進 450ml 

1週間毎に、交互に与えるのが効果的です。

(1週目:ハイグレード原液/ 2週目:開花促進/ 3週目:ハイグレード原液というローテンションです。)







商品検索

初めての方へ

★マグァンプくん日記★

マグァンプくん

ご来店誠にありがとうございます。
店長日記はこちら >>

出荷カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷可能日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

B to B をお望みの方はこちらから

業務用商品の取り扱いはしておりません。家庭園芸商品のみとなります。
B2B

ページトップへ